2017/07/19(水)東芝製ノートをキッティング作業

お客様の新しいノートパソコンをセットアップ中です。
前回記事(外資系メーカーのパソコンは買いたくない? - 渋谷パソコン修理工場 スタッフブログ)の続きになるのですが、いろいろ悩んだ末に東芝に変更をしました。

2017-07-19 11-18-02_COVIA-CP-J55a.jpg


パソコン修理工場が様々なメーカーさんとやりとりをしていた中で印象がよかったのは、東芝、Lenovo、Panasonicの三社でしょうか。
価格帯的にPanasonicは少し厳しいと言われることがあるのですが、壊れにくさとサポートの質を考慮すれば納得できます。
外資系メーカーは、法人向けモデルと一般向けモデル、モデルの価格によって、露骨にサポート品質がかわりますね。
ビジネスとすれば当然ではあるのでしょうが、ユーザーとしては納得がいかないこともありますね。



パソコン修理工場では、使用前の事前キッティング作業なども行っております。
社員移動に伴う再セットアップ、新PC導入をしたことによる玉突き入れ替え作業、パソコンリフレッシュなどもおこなっております。

パソコンを直すだけではなく、トータルでお手伝いさせていただくことが我々の使命です。

2017/07/18(火)QuadroとGeforceは共存できる?

クリエイター向けパソコンはQuadro搭載が常識?とよく言われます。
しかしながら、盲目的にQuadroを選んでおけばいいんでしょうか。

最近は、GPU演算能力が高ければ高いほど、効率的な動作をするソフトウェアが増えています。
しかしながら高性能なQuadroはとても高価です。
それだけの費用に見合う効果があるのでしょうか?

というわけで、今回はGeforceとQuadroを共存させる方法を試してみました。
コストパフォーマンスが高い2000番台のQuadroに加えて、今回はGeforce980Tiを追加しています。
キャプチャ03 - コピー.PNG



問題無く認識していますね。
ただドライバーのインストールには少々コツがいるようです。
クリーンインストールすることはもちろんなのですが、
ドライバーインストールの順番によっては、システムが一切起動しなくなってしまう場合も。
キャプチャ01.PNG


負荷モニターで、どのような作業時にどのような負荷がかかるのか、検証をすすめていきたいと思います。
キャプチャ02.PNG

2017/07/14(金)自動アップデートの功罪

ソフトウェアの自動アップデート機能、便利なことは確かですが、思わぬトラブルをまねくことがありますね。

キャプチャ.PNG


先日お伺いしたお客様、Microsoft Surfaceを利用されていました。
再起動をしたら、キーボードを認識しなくなったというお話しです。

よくよく話をお伺いすると、再起動をした際にドライバーとUEFIがアップデートされ、ハードウェアの認識がおかしくなっていたようです。
キーボードの認識を確かめようとデバイスマネージャーを確認すると、正常にドライバーが認識していないというアイコンになっていました。
SurfaceはMicrosoft社製品ですから、ドライバーはもちろんのこと、ファームウェア類までもがWindowsUpdate経由で配信されます。


ソフトウェアの自動アップデートは、セキュリティー対策や不具合修正など、よいことばかりと思いますが、
それによる悪影響もあります。ソフトが起動しない、設定が失われてしまった、デバイスが認識しなくなる、など。


最新のアップデートを適用し続けることは重要ですが、アップデートによるトラブルを予測して、
まめにシステムバックアップやデータバックアップをしておくことも、重要ですね。

2017/07/10(月)ウェブサイトをアプリのように使う方法

便利なウェブサイトやウェブサービス、たくさんありますよね。これがアプリだったらいいのに、と思うこともあります。
EvernoteやOneDriveなど、クラウドベースのサービスは、アプリをインストールせずに使いたい!そう思いませんか?

これ、Chromeがインストールしてあれば実現できますよ。

まずは、アプリ化したいURLをブラウザーからコピー。

つぎに、編集してもよいChromeのショートカットを作成します。
そのアイコンを右クリックして、リンク先を編集。
2017-07-10_164846.png


例えばYahoo!に飛びたいのなら、リンク先の最後に"--app=URL"と記載します。
最後に[OK]をクリックして完了です。
例)--app=https://www.yahoo.co.jp/
2017-07-10_201526.png


次回からは、先ほど作ったアイコンをダブルクリックすれば、一発で起動できます。
ブラウザーから開いた時との違いとして、アドレスバーやメニューなどが表示されず、単体アプリのような使い勝手になります。
2017-07-10_201812.png




便利な例として、例えばWordOnlineで試してみてはいかがですか?
こうすれば「ぱっと見はWordがインストールしてあるパソコン」のように使えますよ。
2017-07-10_201555.png

2017/07/06(木)外資系メーカーのパソコンは買いたくない?

よくお客様から、「外資系メーカーのパソコンは買いたくない!」というお話しを伺います。
詳しく伺ってみると、過去にメーカーサポートを受けて、あまり気分がよくなかった、というお話しです。

d33c86bbecacd2d18a7916416750f295_s.jpg


我々も、使われている方から依頼を受けて、メーカー修理を代行する場合があります。
先日、初期不良のパソコンがあり、外資系メーカーAにサポートを依頼しました。
外資系メーカーでは、そもそもパソコンのシリアルナンバーがないとスムーズなサポートが受けられません。

そこのメーカーのサポートページでシリアルナンバーを入力したところ・・正しい値ではないというエラー。
「不明な点はこちら」のリンクをクリックすると、ページが見つからない。
これではチャットやメールのサポートを受けることができないので、仕方なく電話窓口を利用しました。
ところがコレがつながらない。出張修理の合間に何度も連絡しましたが、結局つながったのは翌日でした。
初期不良はテクニカルサポートでは対応できないので別部門から折り返しします、と引き継がれ、結局は週末を挟んでの連絡でした。


その一方で、同じ日に保証内修理の依頼をした別の外資系メーカーBはどうでしょう。
チャットサポートにスムーズにつながり、修理依頼はわずか10分のチャットやりとりで終了。
サポートセンターに発送したところ、翌々日には修理完了し、お客様の元に返却されていました。

これならメーカーBを選んだほうがいい?
しかしながら、発注をしたときはすぐに発送されたメーカーAに対し、納期が不明確でなかなか発送されないメーカーB。
どちらを選びますか? 難しい問題ですよね。

せっかくなら、気持ちよいサポートを受けたいですよね。
これ、私たちサポートスタッフも気をつけなければいけないことです。
あらためて、自分のサポート内容を確認しなければいけないと思いました。

2017/07/05(水)忘れがちな便利アイテム揃ってます

渋谷パソコン修理工場の店頭には、便利なアイテムが揃っています。

lightningケーブルが断線!充電器を忘れた!そんなときにはぜひ渋谷店へ。

2017-06-15 13-10-18_Sony-SOV31.JPG

2017-06-15 13-10-15_Sony-SOV31.JPG


安心のMFI認証lightningケーブルや充電器、各種ケーブルに変換アダプター、
LANケーブルや無線LANルーターまで取りそろえております。

我々パソコン修理工場がセレクトしたアイテムですので、どれも安心してご利用いただけるものです。
充電器やケーブル、意外とコンビニで買ったりすると高価だったりしますよね。

さらに。渋谷駅近辺でなかなか入手ができない、各種変換アダプターなども取りそろえておりますよ。

2017/06/28(水)コンテンツエキスポ2017 1日目終了

IMG_20170628_105318.jpg


東京ビッグサイトで開催されているコンテンツエキスポ2017、初日が終了しました。

パソコン修理工場ブースにご来場いただきまして、ありがとうございます。

たくさんの出会いがあり、貴重なご意見も頂戴できました。ありがとうございます。

残り2日間、みなさまのご来場をお待ちしております。

2017/06/24(土)VR-PCレンタル開始 今回のコンテンツ2017ではありえないメーカーが協賛!

vrr.PNG


さて間もなくコンテンツ2017です!
皆さんのご来店をお待ちしています。
今回は、急な展示会やプレゼン、レンダリングに威力を発揮する
VR-PCレンタルを発表します。

クリエイター会社でVR製作を行っている会社の情報システムが
打ち出すものですから、それは各社の保証しません、おとめすることはできません
などの会社の物理干渉は顧客責任!70万のPCではありません。
当社がクリエイターとの綿密なヒアリングによる開発を手がけました。
大手BTOメーカーは貸し出して、はい!動いたで、推奨を決めますが
何か月後に何か起こることのサポートは一切ありません。
是非、当日詳しくご説明させてください。

こんなにできることがある修理屋さん今までにありましたか?
今回はそういう尊敬できる修理屋さんともコラボで出展!お楽しみに

ありえないメーカー様は直前で発表します!

2017/06/22(木)AMD・Ryzenにて動作検証 その1

先日に引き続き、AMD・Ryzenがクリエイター業務にどう使えるか?の検証です。

パフォーマンスモニターではずらっとコアが並びます。
1ソケットでこれだけコアが並ぶのは壮観ですね。
キャプasdasチャ.PNG



まずは定番のMAXON製ベンチマークテスト、Cinebench R15にて計測しました。
比較対象は、Haswell-EP世代のXeonE5-2620v3を搭載したマシンです。
  • Xeonマシン-
Xeon E5-2620v3 2.4GHz 6C12T x2
Memory 32GB
Quadro K2200
  • Ryzenマシン-
Ryzen7-1800X 3.6GHz 8C12T x1
Memory 32GB
Quadro P2000

比較1.png


クロック差がある環境ではありますが、システム全体の価格差を考えると、健闘していますね。




次はMAXONのCinema4D R18にてレンダリング時間の検証!とセットアップ。
実際にレンダリングを!と思ったところでトラブル発生。Cinema4Dがそもそも起動してこない!
プロセス自体は動作しているのですが。。。

Ryzenに対応したホットフィックスもMAXONより発表されているのですがね。
Cinema 4D と BodyPaint 3D R18用のRyzenをサポートしたホットフィックスの提供を開始 - Article - MAXON | 3D FOR THE REAL WORLD


しかしながら、触りながら様々な調査をした結果、解決方法を見つけました。
無事にCinema4Dを起動でき、最新のアップデートも適用完了。
テスト用のCinema4Dファイルでレンダリング開始です。

こちらの検証結果は次回の記事で!
vlcsnap-2017-06-22-15h04m50s718.png

OK キャンセル 確認 その他