トップ 追記

新宿パソコン修理工場

2016|04|

2016-04-15 アイ・オー・データHDL2-A4.0RTへデータコピー

お客さんが使っているネットワーク接続型ハードディスクHDL2-S4.0。

ディスク2本でRAID1構成(ミラーリング)になっていました。

2本の内1本に異常が発生したので、ディスクランプが赤色に点滅していました。

この商品は生産終了していたので、メーカーにハードディスクを注文してもダメでした。

それで、後継機種のHDL2-A4.0RTを購入してデータをコピーすることにしました。

HDL2-A4.0RTは購入した状態では、RAID1ではなくRAID0になっています。

RAID0そのままなら4TBを使えますが、RAID1にすると半分の2TBの容量になります。

設定画面から変更することになります。マニュアルには約3時間と書いてありましたが、その倍くらいかかりました。

データをコピーするには、HDL2-S4.0をUSBでHDL2-A4.0につなぎます。

HDL2-A4.0の設定画面からUSBポートを共有にします。

コピーするデータは、約500GBです。

さて、どれくらいかかると思いますか。

なんと約3日間もかかりました。

USB2.0だから仕方ないかもしれません。

HDL2-A4.0はLAN接続だけが可能で、パソコンにUSB接続は出来ません。

これはちょっと不便かもしれません。

USB3.0のポートがあると便利だと思いました。

HDL2-A4.0
HDL2-A4.0

2016-04-11 NEC WiFi 無線LAN ルーター Aterm WG1800HP2を設置しました

新しいパソコンWindows10を購入したお客さんから相談がありました。

「今まで使っていたパソコンを居間に持って行って使いたいですが、LANケーブルをひっぱるのは大変です。無線LANならできますか」

最近は、無線LANと言うよりはWiFiという名前の方が知られるようになりました。

10年程前の無線LANは、設定が難しくて苦労しました。

機器による相性もあって、簡単につながらない事もありました。

無線LANの企画もこの10年ほどでかなり変化しました。

どんどん高速になっています。

それに合わせてWiFiルーターも進化しています。

5年前のWiFiルーターを使っているなら、買いかえれば早くなると思います。

11acという規格は、速い、遠くまで届くといいことずくめです。

今回のお客さんにお勧めしたのは、NEC WiFi 無線LAN ルーター Aterm WG1800HP2。

11ac対応により、従来の11n 450Mbps(規格値)から約3倍となる1300Mbps(規格値)を実現!

3ストリーム×3ストリームで超高速。

3階まで届く。

設定も簡単になりました。

WiFiルーターの設置場所と居間は同じ1階で途中に扉と廊下があります。

扉を閉じても問題なくインターネット、Youtubeが見れました。

10年前だったら、LANケーブルでつながないと見れなかったでしょう。

便利になりました。

画像の説明

2016-04-01 ノートパソコンの初期設定と無線LANルーターの入れ替え

お客さんから依頼が入りました。

新規購入したノートパソコンの初期設定と無線LANルーターの入れ替えです。

こちらのお客さんとは2014年からのお付き合いです。

今回が3回目の依頼でした。

ノートパソコンのOSは、Windows10。

Office2016のインストール、Outlookのアカウント設定。

30日間お試しのマカフィを削除して、Windows Defenderを有効に。

無線LANルーターは既存のルーターのアンテナが折れていました。

時々、ネットがつながらない時がある原因が分りました。

LANケーブルの接続口に1本のLANケーブルの両端が挿してありました。

使っていない穴があってケーブルがあまっていると、つい挿してしまいたくなります。

NEC NS750


新宿パソコン修理工場のホームページはこちら